不動産賃貸用語集

Live in Japan > 不動産賃貸用語集

不動産賃貸用語集

日韓賃貸用語集

部屋を借りる時編

일본어(日本語) 한국어(韓国語)
賃料 월세
【活気ちんりょう:Chinryo】 【ウォルセ】
家や部屋を借りる料金。毎月支払う。 집이나 방을 빌리는 요금. 매달 지불.
共益費 공익비
【きょうえきひ:Kyoueki-hi】 【ゴンニクビ】
共用部分の電気料金など。 공용부분의 전기요금 등등
管理費 관리비
【かんりひ:Kanri-hi】 【クァンリビ】
建物の維持、管理に必要な費用。 건물의 잡비, 관리에 필요한 비용.
町内会費 주민자치비
【ちようないかいひ:Chounaikai-hi】 【ジュミン ジャチビ】
町内の清掃などに使われる費用。 마을 청소등에 사용되는 비용
敷金 임차 보증금
【しききん:Shikikin】 【インチャ ボジュングム】
家賃の不払い、明渡し時の修繕費用のために、契約時に家主(大家)に預けておくお金。明渡し時に修繕費用などを差し引いて返還される。家賃の2ヶ月分程度が一般的。 월세 불남, 방을 비워 줄때, 계약시에 집 주인에 맡겨두돈. 방을 비울시에 수리비용등을 빼고 돌려 줌. 방세의 2개월분 정도가 일반적.
礼金 사례금
【れいきん:Reikin】 【サレグム】
契約時に、家主(大家)に払う料金。家賃の1~2か月分が相場。 계약시에 집주인에게 지불하는 돈. 월세의 1~2개월분의 돈을 지불함.
契約報酬 계약정보
【けいやくほうしゅう:Keiyaku Houshuu】 【ケヤッジョンボ】
仲介手数料として不動産のお店に支払うもの。家賃1か月分以内までのお金。 중계수수료로써, 부동산회사에 지불.
申込金 신청금
【もうしこみきん:Moushikomikin】 【シンチョングム】
契約の予約をする時、不動産の店に預けるお金。金額は相談して決める。契約成立の場合、契約金の一部になり、契約が成立しない場合は返金される。申込金を支払うと、その部屋を借りる優先権を持つことができます。 계약의 예약을 할 때. 부동산회사에 맡기는 돈. 금액은 상담해서 결정함. 계약 성립의 경우, 계약금의 일부로 되며, 계약이 성립 되지 않을 경우는 되돌려 받음. 신청금을 지불하면, 그 방을 빌리는 우선권을 가지게 됩.
駐車料 주차비
【ちゅうしゃりょう:Chuusharyou】 【ジュチャビ】
賃料(家賃)とは別に自分の自動車を置く場所代。毎月支払う。 월세와는 별도로 자신의 자동차를 세워두는 자리세. 매월지불.
連帯保証人 연대보증인
【れんたいほしょうにん:Rentai-hosyounin】 【ヨンデ ボジュンイン】
借りる人が賃料などを支払う支払わないに係わらず、家主(大家)が借りる人の賃料などを請求することができる保証人。賃貸借契約の場合は連帯保証人が一般的。 빌리는 사람이 월세등을 지불하느냐, 안하느에 관계없이, 집주인이 질리는 사람의 월세등을 청구하는것이 가능한 보증인. 임대차계약의 경우는 연대보증인이 일반적
保証人システム 보증인 시스템
【ほしょうにんしすてむ:HOSYONIN-SYSTEM】 【ボジュンイ ンシーステム】
主に家賃を滞納しないように、支払いを一時的に代行するシステム。 방세를 체납 하지 않도록, 방세 지불을 일시적으로 대행하는 시스템.
保証人代理会社 보증인대리회사
【ほしょうにんだいりがいしゃ:Hosyounin-Dairigaisya】 【ボジュンイン デリヘサ】
保証人システムを代行する会社 보증인 시스템을 대행하는 회사
更新料 갱신료
【こうしんりょう:Koushinryou】 【ケンシンリョ】
契約の更新をする時に家主(大家)に支払うお金。 계약 갱신을 할때, 집 주인에게 지불하는 돈.
契約期間 게약기간
【けいやくきかん:Keiyakukikan】 【ヶヤッキカン】
契約の期間は通常2年ですが、期間を特定した短期のものもあります。 계약의 기간은 통상 2년입니다만, 특정의 단기도 있습니다.
契約の更新 계약 변경
【けいやくのこうしん:Keiyakunokoushin】 【ケヤッビョンギョン】
契約期間満了の場合は、貸主、借主双方合意の上、契約を更新することができます。契約を更新する場合は、更新料(大抵、家賃1ヶ月分)という費用がかかります。 계약기간 만료의 경우, 집주인과 세입자 쌍방함의 상, 계약을 갱신하는것이 가능 합니다. 계약을 갱신하는 경우는, 갱신료( 대개 월세의 1개월분)가 듭니다.
マンスリー賃貸 먼슬리맨션 임대
【まんすりーちんたい:Monthy Chintai】 【マンスリーマンション イムデ】
中期滞在型マンションのこと。ビジネスホテルと賃貸マンションの中間の形態。家具や電化製品など生活必需品が揃っていて、入居した日から生活できるようになっている。礼金なし、保証人不要、安い保証金など、簡略化した契約システムが特徴。 중기체제맨션. 비지니스호텔과 임대맨션의 중간 형식. 가구와 전자제품등 생활필수품이 준비되어 있어, 입주한 날로 부터 생활이 가능하도록 되어 있습니다. 레이킹 없음. 보증인필요없음. 간소화한 계약 시스템이 특징.
解約 해약
【かいやく:Kaiyaku】 【ヘヤク】
解約内容にしたがって、事前(通常解約の1から2ヶ月前まで)に家主に通知しなければなりません。通知が遅れると、契約に従って不利益を被ることがあります。 해약내용에 따라, 사전(통상해약의 1~ 2개월전까지)에 집주인에게 반드시 알려야만 합니다. 사전통지가 늦어지면, 계약에 따라 불이익을 당할수도 있습니다.